茨城県立産業技術短期大学校

Ibaraki Prefectural Junior College of Industrial Technology

平成29年度卒業式を挙行しました

コメント
 3月15日,華やかな袴やスーツに身を包んだ卒業生が思い出の詰まった校舎を巣立ちました。
 各科の卒業生代表に卒業証書を授与した後,宮田学校長から「今後ITは飛躍的に適用範囲を拡大し,社会のあらゆる場面に不可欠の基盤技術となります。そのような社会を支えるのは,まさに卒業生の皆さんです。そのことに,誇りと使命感をもって,思う存分活躍していただきたい」との言葉がありました。
 卒業生代表の磯﨑美晴さんが「専門分野の技術習得、職業人として生きる心構えについても勉強することができ,実り多い,大変有意義な時間を過ごせました。ここで学んだことを十分に生かし立派な社会人となりたい」と答辞を述べました。
 卒業生の皆さん,「ご卒業おめでとうございます」